ニキビ痕に効果があると評判b-glenの使い方

ニキビに効果があると注目されているのが、b-glenです。ニキビができると治ったとしても、赤や黒のシミのような痕が残ることがよくあります。

炎症がひどかった場合には、皮膚の表面が凹んでしまう、クレーター状の痕が残ることもあります。

これらのニキビ痕の解消に一役買ってくれるのがb-glenで、
高濃度ビタミンCが配合され、皮膚の表皮層にしっかりと浸透してくれます。


b-glenの効果を十分に発揮するには、その使い方が重要になります。


間違った使い方をしていると、効果があまり出ないばかりか、無駄に商品を使いきってしまう事態に陥ります。

使い方の基本は、まず顔の汚れを落とすことからはじめます。石鹸や洗顔料を用いて、皮脂汚れや角質汚れをきちんと取り除きます。次に、角質を一時的に柔らかくしてくれる、ブースター化粧水をぬります。これにより、b-glenの浸透力をさらに高めることが可能です。

続いて、保湿用の化粧水をぬります。特にこだわることなく、普段使っている化粧水で十分です。化粧水をむらなくぬったら、b-glenを手のひらに取ります。この時に、もったいないからと少量だけ取り出すのはやめましょう。使用する分だけ、たっぷりと取ることが重要です。


後はぬるだけで完了ですが、ぬった部分にラップをかぶせ、5分から10分程度放置することで、

成分の蒸発を防ぎながら、皮膚に浸透させることができます。

1日1回よりも、何度かに分けてつけるようにすると、ニキビ痕の改善スピードが速まります。

ページのトップへ戻る