シミ対策で人気のb-glen敏感肌のトラブル

ニキビ対策やシミ対策で高い信頼と人気を獲得しているb-glenですが、
敏感肌の人が使うには気をつけるべき点があります。

b-glenが人気があるのは、他の一般的な化粧品と違い、その効果の高さです。しかし、効果が高いというのは、同時に強い成分が含まれていることがあります。例として、シミ対策で人気のb-glenの商品には、ハイドロキノンという成分が配合されています。


ハイドロキノンは皮膚科のシミ治療にも使われているほど、高い効果を持つ成分として知られていますが、肌に塗ると赤みが出るという、副作用が生じやすい問題があります。


b-glenは市販品ですので、皮膚科で処方されるハイドロキノンに比べると、
安全性を保てるように濃度は低く保たれていますが、
敏感肌の人が使用すると、肌が赤くなる可能性があります。
これは敏感肌の人に限ったことではなく、普通の肌を持つ人にもあてはまる症状です。
赤みが出るようであれば、使用する量を調整して肌に塗ってみると、改善されることがあります。
皮膚科でも、肌の赤みが強く出た時には、ハイドロキノンの量を少なくするなどの対処をしてくれます。

その方法と同じように対処することで、肌トラブルを和らげられる場合があります。

それでも肌が赤くなるのであれば、使用を控えるようにしてください。

また、正しい使用方法を守っているか、今一度確認することも重要です。使用前に化粧水で肌を整えてから使うようにする商品があるからです。

ページのトップへ戻る